CASES

●傷んだ自爪

傷んだ爪

状態:
自爪が傷み薄くなった状態です。健康な自爪は3層構造からできています。
爪の表面から、
・トッププレート(背爪)
・ミドルプレート(中爪)
・アンダープレート(腹爪)
というように分かれています。
傷んでトッププレートが剥がれてしまい2層目のミドルプレートや、1層目のアンダープレートまで薄くなってしまった状態です。
痛みや、お湯の熱、水の冷たさを感じることも。ちょっとした衝撃で、爪がすぐに割れてしまい、指に力を入れることが出来ないなど、生活にも支障をきたします。

原因:
・無理やりジェルネイルを剥がしてしまった
・セルフネイル などによるダメージ
・除光液やアセトンオフによるダメージ
・ジェルネイルの浮きによるダメージ

対策方法
・セルフネイル を控える
・除光液、アセトンを使用しない
・浮かないジェルネイルの施術とフィルインの継続

こんな状態の方にはこちらのコースがピッタリです!

コース名

●グリーンネイル

グリーンネイル

状態:
爪が緑に変色し、緑膿菌(りょくのうきん)という細菌に感染している状態です。
菌は増殖するため、早めの対処が必要です。放置しておくと、菌が繁殖し自爪が剥がれる危険も。
幹部が緑色に見えることが名前の由来になっています。痛みを伴うことはありません。

原因:
ジェルネイルが浮いた、亀裂が入った状態で放置して生活していると
自爪とジェルネイルの間に水が入り、不衛生な状態に。
菌が繁殖する原因になります。
高温多湿を好む菌なので、雨季~夏は注意が必要です。
爪の先が白く浮き上がる爪甲剥離症になっている方や、爪カンジダ症や爪白癬(爪水虫)を発症している、
免疫力の低下している方(高齢者など)も、感染しやすいといわれています。

対策方法:
放置せず、すぐに医療機関を受診しましょう。
菌に感染した状態の爪に、ジェルネイルをのせる事は出来ません。
病院へ行かずにグリーンネイルを放置すると、爪の深部や周囲まで感染が広がったりするリスクがあります。
このような感染を防ぐためにもKAZUNAILではピッタリ浮かないジェルネイル、フィルインオフで施術をしています。

こんな状態の方にはこちらのコースがピッタリです!

コース名

●二枚爪

二枚爪

状態:
自爪が先端の方で薄く剥がれる状態です。

原因:
・外的衝撃
・栄養不足
・乾燥(水分不足)
爪を何処かにぶつけた衝撃などでも爪が割れてしまいます。
また、爪は皮膚が角質化したもので、タンパク質(ケラチン)が不足していると、どんどん弱ってしまいます。
タンパク質、鉄分、ミネラル、ビタミンなどの栄養不足も二枚爪の原因になります。
また、除光液の使いすぎやアセトンオフ、水仕事を毎日行っていたりすると、
爪の水分を保つはたらきを持つ脂質が減り(脱脂)、爪が乾燥してしまいます。

対策方法:
・ネイルサロンで自爪の補強をする
・除光液を使いすぎない、アセトンオフ、セルフオフをしない
・ジェルネイルを自分で無理に剥がさない
・栄養をしっかり摂取する

こんな状態の方にはこちらのコースがピッタリです!

コース名

●手荒れ、ささくれ

手荒れ、ささくれ

状態:
手や指がかさついたり、ガサガサ、皮むけ、赤み、腫れ、水ぶくれ、ひび、あかぎれ、、かゆみなどの症状があります。
傷が深くなると痛みを感じることもありますし、細菌感染を引き起こす可能性もあります。

原因:
手の皮膚表面は、他の部位よりも角質が厚く、手を外部からの様々な刺激から守っています。
水や洗剤、アルコール消毒などにより皮膚表面の水分や皮脂が減少した
物理的に摩擦されるなどを繰り返すことにより、引き起こされます。
元々皮膚のバリア機能が弱っているアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人に起こりやすいとされています。

対策方法:
・ネイルサロンでハンドケアをおこなう
・自分の症状にあったホームケアをおこなう
・家事の際は手袋で保護する
・症状が酷く改善されない場合は医療機関を受診する

こんな状態の方にはこちらのコースがピッタリです!

コース名

●かかとのひび割れ

かかとのひび割れ

状態:
かかとが乾燥し、ゴワゴワ、ひび割れた状態。痛みを伴う場合もあります。ストッキングが引っかかるなど悩んでいる女性も多いです。

原因:
主な原因は乾燥によるものと言われています。
加齢により肌のターンオーバーが遅くなり代謝能力が低下したり
皮脂の分泌が少なくなった油分の不足も原因の一つです。
また、細菌に感染している場合もあります。

対策方法:
・古い角質の除去
・保湿
自分で無理やり角質を削ったり、強い薬品を使用して角質を剥がしても根本的な改善に繋がらないです。
ネイルサロンでのケアとホームケアが大事になってきます。

こんな状態の方にはこちらのコースがピッタリです!

コース名

●足の巻き爪

巻き爪

状態:
爪の端が内側に巻き込んだ状態で、痛みを伴う場合もあります。
巻き爪のある部分に痛みが起こるだけでなく、姿勢や歩き方が悪くなるため、ひざや腰の痛みの原因になる場合もあります。

原因:
・爪への過剰な負荷
・足や指に正しく体重がかかっていない
・指の力が弱まってきている
爪は正しく荷重されていれば、巻くことはありませんが踵重心で趾が浮いていたり、外反母趾等の関節の変形、
間違った身体の使い方が原因で爪の巻き方が変る場合があります。
またヒールや合わない靴で、爪に過剰な負荷がかかっても痛みの原因に。

対策方法:
・正しい歩き方をする
・正しく爪を切る
・自分に合った靴を履く
・ネイルサロンで巻き爪のケアをする
KAZUNAILでは、BSクイックという爪矯正器具を用いて「痛くない・短時間で終わる」巻き爪緩和の施術が可能です。
BSクイックの張力は4週間持続可能です。

こんな状態の方にはこちらのコースがピッタリです!

コース名